トップ

ぽえむ

[日記]
-1-
1 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月03日(火) 19時49分
いつかの夏はもう来ないってことくらいは知ってる

2 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月03日(火) 23時25分
あなたがどんな人であっても
愛してる
全てが終わってしまっても
2ゲット! 経験値が54ポイント上がった

3 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月04日(水) 19時48分
君の髪が白くなっても傍に居たいと思ってたよ
3ゲット! 経験値が34ポイント上がった
<<諭吉>> をひろった!

4 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月04日(水) 23時39分
馬鹿みたいに繰り返したよ、
君を愛してるって。
経験値が17ポイント上がった

5 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月05日(木) 10時57分
自分が何だか分からない君の手は空切った。
言葉に詰まるその日の情景、
繰り返しの毎日に依存していく

どうせ届かないで終わる毎日に嫌気が差したと言ってたって
6時間寝てまた古ぼけた日常が始まるんだって

この目に映る景色が
僕と君の全てじゃないことを。
この目に映る悲しみの色が
きっと君のせいじゃないことを。

君がどう思うかは知らないが僕はずっと生きていくよ
探し続けて彷徨って
それでも分からぬ答えはきっと

五里霧中、一寸先もどうせ闇だけど歩くしかないよ
弱音吐いたって死んだって。
このままじゃ誰にも気付かれないよ。

グットバイ、古ぼけた日常。
なんて言葉、まだ言えないが
君を縛るその日々は、きっといつか終わるから。

君を刺したその言葉が、今も君に刺さっているのか。
あの日泣いたその理由が、今もまた君を傷付けているのか。
僕は何で何処へ誰と生きてく理由を知りたがる。
薄っぺらい存在意義を見出した、それは君にとっての何だ。

どれだけ歩いても先がある事を
知っている僕は目を閉じるよ。
意味の無い昼と退屈な夜を、繰り返して年をとっていく。

くそったれ、一人で、
そうまでしても離れられないこの場所で、探すものは何だ。

描いては消したモノクロのページ
線の跡だけが増えてゆく。
一寸先の闇に明日を照らすサーチライトを当てて。
くだらない日々に落っことした、
時計の針をいつまで探す。

もう一度だけ、もう一度だけ、あなたに会いたくて。

強いも弱いも、私もあなたも、
もうどうだって良くて。
退屈な明日の影に怯えてただ意味を探した。
描いては消したモノクロのページ、
フルカラーの明日を描こう。

きっと僕らまだまだ、まだまだ飛べるさ。

五里霧中、一寸先もどうせ闇だけど歩くしかないよ
弱音吐いたって死んだって。
このままじゃ誰にも気付かれないよ。

グットバイ、古ぼけた日常。
なんて言葉、まだ言えないが
君を縛るその日々は、きっといつか終わりますように。
経験値が20ポイント上がった

6 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月05日(木) 17時33分
死にたくなるほど好きだった。
経験値が20ポイント上がった

7 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月05日(木) 21時17分
Maybe 気にしちゃいないさ
なんせ「ロックやらなきゃただのクズ」
経験値が20ポイント上がった

8 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月06日(金) 22時31分
たくさん夢を見よう、
我慢することを覚えよう
経験値が20ポイント上がった

9 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月09日(月) 01時15分
例え話じゃなくて、今、この瞬間を飲み干して
経験値が18ポイント上がった

10 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月09日(月) 18時30分
君は多分 間違ってないよ
選んだ自由に光は差すよ
経験値が19ポイント上がった

11 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月10日(火) 02時13分
夜になって何を思う、
冷えきった電気毛布が人知れず僕に言う
「どうかしてるよ」
経験値が16ポイント上がった

12 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月10日(火) 10時46分
ちょっと最近様子が
おかしいみたいだ
どーすればいいかわかりません

お友達なんていらないのあたし
クラスのみんなが気持ち悪い

午後2時精神科
家族連れの君もいる

待合室ではね
お互い真っ白ね



えっまじ!?
そんなセリフが言えたとき
お友達ってやつがいるのかな
えっまじ!?
そんなセリフが言えたとき
お友達ってやつがいるのかいるのか
えっまじ!?
まじ!?
うっそでしょ!?
休み時間によくある景色
えっまじ!?
そんなセリフが言えたとき
お友達ってやつがいるのかいるのか
経験値が16ポイント上がった

13 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月10日(火) 22時02分
荒唐無稽の晩餐会 生温くつまらんショータイム
くだらねえ奴らの笑い声 くだらねえ奴らの馬鹿騒ぎ
インテリジェンスが先行した 奇抜なセンスが飛び交ってる
新しい時代は息が詰まるな 新しい時代はつまらねえな

くさっている くさっていく

難しい言葉を使って 意味もなく屁理屈こねたり
簡単な言葉使って、夢を話したりして
肝心なことはずっと 後回しで後悔したり
間違い続けていたいな 間違い続けていたいだけ

効率の良い選択肢だけが 正義の顔をしている。
嬉しそうな悲劇のヒロイン 行方知らずの僕のヒーロー
外側と内側の逆転 境界線の壁は崩れた
現実逃避は叶わないなぁ こんな僕では敵わないんだ

狂っている 狂っていく

賢い機械を壊して すかした奴らを殴って
御伽の国を作って そこで暮らしたりして
肝心なことはきっと、正しさの中だけじゃなくて
間違い続けていたいな 間違い続けていたいんだ

今以上にこれ以上に、夢を話したりして
そうやってそうやって 希望が持てるといいな
経験値が18ポイント上がった

14 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月12日(木) 18時43分
このままじゃいけない
なんて気持ちにフタをしたまま
「いらっしゃいませこんにちは」
このままじゃラチが
あかない現実に
目を背けては
「いらっしゃいませこんばんは」

守るべきものはどれくらいあった?
君と自分の夢くらいだった
いつしか自分の生活ですら
守るのに精一杯

ふりだしに戻るのマスに
止まれたらどんなに楽になれるだろう
今日もまたどこにもいけないままで
よくも生き延びたね
「ありがとうございます
またお越し下さいませ」
無様な僕の所へ
経験値が19ポイント上がった

15 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月14日(土) 01時29分
涙流してりゃ悲しいか、
心なんて一生不安さ
経験値が17ポイント上がった

16 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月18日(水) 23時30分
明日が怖くて何が悪い!
経験値が17ポイント上がった

17 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月20日(金) 00時03分
綴るように
経験値が16ポイント上がった

18 りんりん “マスター、いつもの” 2017年10月20日(金) 20時38分
下北の大学生、声掛けてきて第一声
「握手してください、本当に大好きなんです」
「いつも救われてます、僕もすぐ追いつきます」
「CDは持ってないけど、YouTubeで毎日見てます」
クリスティーナ ねえ君はどうだい
経験値が17ポイント上がった

19 りんりん “マスター、いつもの” 2017年11月02日(木) 12時32分
この足は何処へと向かっているのだろうか。
途中幾度も追い抜かれて行ったんだ。
経験値が16ポイント上がった

20 りんりん “マスター、いつもの” 2017年11月03日(金) 01時46分
誰だって光になりたくて
今日も不安の闇を泳いでる
今は幸せでも明日はどうかな
心は泣きじゃくるけど

泥まみれでも笑ってやるさ
僕は光の射す方へ
反撃の歌を今歌ってやるさ
ほら、君にも聞こえるだろう
経験値が18ポイント上がった

21 りんりん “著しい語彙力の低下” 2018年07月11日(水) 16時00分
生きている ただそれだけの言葉
恐ろしく 思えてしまう僕は
経験値が16ポイント上がった

22 りんりん “著しい語彙力の低下” 2018年07月22日(日) 21時36分







「平成最後の夏」だなんて言って、タバコ吸うし、
背も低くて、色も黒くて、しかも変な香水つけて、
いかついサングラスかけてるような男と付き合う
より、夏フェスで汗をダラダラ流しながら、暑さ
に項垂れる方ががよっぽど楽しかった。夏はそん
な男の方がいい、だなんて嘘に決まってる。本当
は自分の方が良い、って思ってるくせに。高校生
の時に作った歌を、平成最後の夏にも歌っている
姿に憧れた。太陽の日差しと、あのバンドのフロ
ントマンを見るために皆がぎゅうぎゅう詰めてく
る感覚。残された水分は二口、「倒れるかな」な
んてどこか考えながら貴方の歌に拳をあげた。顔
をあげれば風が通る。こっそり流れる、ホースで
ばら撒かれた水が心地よかった。思い出を残す為
のグッズは買えなかった、それでも雨に降られた
荷物は重たくなっていた。これが思い出です、な
んて冗談を言ってみる帰り道。テレビの中継で見
たような景色が、自分の目の前にも広まっている
のが何となく現実味が無くって、モニターとステ
ージを交互に見てみる。上がりきった気温が、何
よりの証拠だった。楽しい気持ちで家に帰って眠
りにつけば、目が覚めた時には夢も消えている。
絶望とくだらなさに欠伸をしながら、今日の事を
思い出す。多分。大好きなあのバンドに渡しても
らったバトンを落とさずに来年へと運ぶ。人だら
けで愛おしかった。ありがとう夏フェス。なんだ
かもう、私の夏は終わったくらいの気持ちだったり。





経験値が17ポイント上がった

- ゲストさん

現在、ログインしていないので全ての画面を表示することが出来ません。
すでにキャラクターを持っている人は、メタコロニーに
ログイン してください。


このカードはメタコロ日記つぶやき日記 デッキにあります