トップ

物語を作ろう!

[日記]
-1-
1 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月26日(月) 21時56分
題名「恋の学園」
主人公:優也
優也の友達:拓人
優也の友達:誠一
女子で人気No.1:美香
女子で人気No.2:未来
女子で人気No.3:花美
男の先生:竜輝
女の先生:花梨
校長先生:正樹
と、こういうことになりました。では、スタート!

2 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月26日(月) 22時27分
優也「ふぁ~~~眠いな~」
俺は優也高校の2年だ今日は
1学期の最初から遅刻してしまった。
優也「やべ~早くいかねぇと!」
キーンコーンカーンコーン
優也「ふぅ~なんとか入学式には間に合ったな」
拓人「おーい優也ー早くー」
優也「おう!」
正樹「これから、入学式を始めます。」
そして・・・話が終わった
優也「やっと校長の話が終わったぜ~」
誠一「次って何だっけ?」
拓人「知らねえよ、おい優也はわかるか?」
優也「う~んなんだろな~」
美香「何言ってんのよ、次は数学よ」
拓人・誠一「美香様!」
優也「美香さん」
美香は学園一の超モテモテ美女
皆は美香を好きなようだが、俺は感じね~
経験値は上がらなかった

3 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月27日(火) 17時16分
キーンコーンカーンコーン
竜輝「では、授業を始める日直お願いします。」
皆「・・・。」
美香「ちょっと!優也!あなた今日日直でしょ!?(小声)」
優也「えっ!?」
美香は俺の隣の席だ、美香は頭がいいから
俺にとっては、少しうれしいな
優也「き、起立!(マジかよ・・・俺が日直!?最悪だわ~)」
サッ
優也「れい!」
皆「よろしくお願いします!」
優也「着席!」
ガタッ
竜輝「これから数学をやる!」

キーンコーンカーンコーン
優也「起立!」
優也「れい!」
皆「ありがとうございました!」
優也「ふぅ~やっと終わったわー」
誠一「なぁ優也ー」
優也「ん?」
誠一「お、俺さー告白してみようと思うんだよね・・」
優也「えっ!誠一が告白!?!?!?」
誠一「声がでかい!!」
拓人「実はさー、俺もなんだよね」
優也「お前もか・・・」
拓人・誠一「もちろん相手は・・・」
拓人・誠一「美香様!」
誠一「だよな」
拓人「もちろん」
優也「・・・」
誠一「お前は好きな奴いねえぇのかよ」
優也「いないに決まってんだろ!」
拓人・誠一「マジかよ!?」
拓人「ま、マジで?本当はいるのに教えないだけなんじゃないのかよ!?」
優也「あーもう、うっせえ!いないものはいないんだ!」

そのころ美香達は・・・
美香「そういえばさー」
未来「なになに?」
美香「好きな男っている?」
花美「何よいきなりー」
美香「いいからいいからー」
花美「まぁ私はいるよ?」
未来「えっ?だれだれ?」
花美「ひ・み・つ♪」
未来・美香「えーなになに?きになるー」
花美「教えないってばー」
美香「えー、じゃあ未来は?」
未来「えー私はねー誠一君かなー」
美香「マジで!?」
未来「あのまなざし、あの顔・・・全てがかっこよすぎるわー」
花美「まさか、未来があんな男を好きになるとはねー」
未来「誰があんな男よ!誠一君は、イケメンで優しい男なの!」
美香「未来の誠一君の気持ちは分かったわ」
未来「そういう美香は誰が好きなの?」
美香「え?私はねー・・・」
そのころ職員室では・・・
竜輝「花梨先生、今日僕といっしょにお弁当食べませんか?」
花梨「誰があんたと食べるっていうの!?」

花梨先生は学校の先生の中で一番人気だ
男の先生は皆花梨先生に夢中だ・・・
竜輝「今日だけでもいいですから!?」
花梨「う~ん、まぁ今日だけですよ?」
竜輝「ありがとうございます!」
他の先生「花梨先生!俺もいいですか!!」
花梨「お断りします!」
他の先生「その態度・・・萌えます!」
花梨「男ってなんか分かんない」
3ゲット! 経験値が40ポイント上がった

4 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月28日(水) 17時37分
そして・・・各授業が終わった時・・・

キーンコーンカーンコーン
優也「ふぅ~やっとお昼かー」
誠一「学校一日目でいきなり6時間目まであるなんてなー」
拓人「ほんとだよなー」
優也「さぁ~て今日はどこで食べる?」
誠一「う~む」
美香「私たちと食べない?」
拓人「美香様!」
美香「その様付けやめてくんない?」
誠一「じゃ、じゃあなんていえば?」
美香「普通の美香でいいわ」
拓人「かしこまりました!」
花美「じゃあいつもの所で食べよ」
拓人「じゃあ俺たち弁当持ってくるから待ってて下さい」
未来「OK分かったわ」
花美「でも・・・まさか美香からあんなこと言うなんてねー」
経験値が18ポイント上がった

5 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月29日(木) 19時26分
美香「え?」
未来「もう忘れたの?」
花美「男子といっしょに食べようっていったの美香だよ?」
美香「あ~思い出した」
花美「美香が優也を好きだなんて思わなかったよー」
未来「うんうん」
美香「いいじゃない、私あういうのが好みなの」
未来「優也のどこが好きなの?」
美香「え?それは・・・」
拓人「おまたせしましたー」
未来「あら、来ちゃった」
花美「その話はまた後でね」
美香「うん」
誠一「?どうかしましたか?」
未来「え?あ、ううん な、なんでもないよっ」
誠一「?」
未来「まぁ行きましょ?」
拓人「そうですね」
美香「あれ?優也は?」
誠一「あぁトイレ行ってくるっていってました。」
未来「ふぅ~ん」
花美「でも、大丈夫かな?場所とか伝えてないし・・・」
拓人「あっなんなら僕がいってきましょうか?」
美香「いいえ私がいくわ」
誠一「えっでも1人で大丈夫ですか?」
美香「ええ、大丈夫よ」
誠一「そうですか・・・なら気を付けて下さい」
美香「心配してくれてありがとう」
誠一「い、いえ~(照)」
経験値が20ポイント上がった

6 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年05月31日(土) 10時19分
美香「未来達先行ってて」
未来「分かったわ」
美香「じゃあまたね」
花美「うん」
拓人「お気をつけてー」
美香「じゃあねーーー」

未来達はお昼を食べる場所に行き
美香は優也がいるトイレへ行った
美香「と、言ったものの・・・学園ってやっぱり広いはねー」
美香「う~んどこかしら?」
美香の心の中[あ~ぁ優也に途中で会えればいいのにー]
優也「あれ?美香?」
美香「あっ優也!」
優也「どうしたんだよこんな所で」
美香「優也を探してて」
優也「俺を?」
美香「うん」
優也「そっか、ごめんな心配かけて」
美香「いいの!私から探しに来たんだから」
美香「さっ皆の所いこ?」
優也「あぁ、ちょっと待ってて弁当とりに行ってくる」
美香「分かったここで待ってるね」
経験値が16ポイント上がった

7 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年06月03日(火) 20時14分
そして10分がたった・・・
美香「ったく優也ってば遅いなー」
美香「何かあったのかしら?」
優也「ご、ごめん遅れて」
美香「遅い!」
優也「うっごめん・・・」
美香「もうすぐで皆食べ終わっちゃうじゃない」
優也「ごめん」
美香「はぁ~ほら早く行くわよ」
優也「あ、あぁ」
美香「所でさぁ~」
優也「ん?」
美香「あんたなんで遅れたの?」
優也「えっあぁ~」
優也「と、友達と話してて・・・」
美香「ふ~ん(なんか怪しいわね)」
優也「お前もさー」
優也「なんで俺の事心配するんだ?」
美香「なっど、どうでもいいでしょ!?そんなこと・・・」
優也「あっあぁごめん」
美香「あんたさっきからそればっかね?」
優也「何の事?」
美香「さっきからごめんって何回も言ってる」
優也「あぁ美香にすまないって思ってるからな」
美香「そう・・・」
経験値が18ポイント上がった

8 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年06月06日(金) 18時33分
優也・美香「・・・」
美香「な、なんか話しなさいよ」
優也「はぁ!?そういうお前こそなんかないのかよ?」
美香「うっま、まぁいいたくなかったけど・・・」
優也「ん?なんだよ?」
美香「え、え~っと」
優也「なんだよ?」
美香「あ、あの・・・」
優也「嫌なら別にいいよ」
美香「え?あ、うん・・・」
優也「で、えーっとどこに行くの?」
美香「あぁ~え~っとたしか音楽室だったような・・・」
優也「あぁ~だったらすぐそこだな」
美香「あっホントだじゃあ行こ」
優也「あぁ!」
経験値が18ポイント上がった

9 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年06月10日(火) 16時55分
美香「未来ー花美ー」
優也「拓人ー誠一ー」
美香「あれ?いない」
優也「ホントだ」

音楽室には、未来達がいなかった
美香「なんでだろう?」
優也「教室に戻ったのかな?」
美香「そうかもしれないわね」
優也「でも、今いったら昼休み終わっちゃうな」
美香「そうねじゃあこので食べましょ」
優也「そうだな」

美香達は安心し弁当を食べた・・・
美香「優也はお弁当誰に作ってもらってるの?」
優也「俺か?俺はお母さんに作ってもらってるんだ」
美香「ちょっと見せてくんない?」
優也「あぁ別にいいぜ」
美香「わぁ~美味しそうね」
優也「なんかいるか?俺こんなに食べきれないし・・・」
美香「いいの?」
優也「いいぜ」
美香「じゃあ・・・これ!」

そういって美香は優也のお弁当の中のハンバーグを指差した
優也「これか?いいぜ、ほい」
美香「わぁ~ありがとう私これ大好物なんだー」
優也「初耳だなー俺はてっきり玉子焼きかと」
美香「まぁ玉子焼きも好きだけどね」
優也「美香の弁当はなんだ?」
美香「ん?私のは脂っこい物ばかりよ?(まぁ優也に見てくれるんならいいけど)」
優也「おぉ!いいじゃねぇか俺はこれいいと思うぜ?」
美香「まぁ男の子だしね」
優也「まぁな」
優也「お前は誰に作ってもらってるんだ?」
美香「これは私の手作りよ」
優也「へぇ~手作りか自分で作れるっていいな」
美香「味見してみる?」
優也「なら、遠慮なく」
美香「何がいい?」
優也「じゃあ唐揚げで」
美香「分かったはい」
優也「ありがとな」
美香「いいの」
美香「どうかな?」
優也「うん!美味しいぜ!」
美香「ありがとう」
優也「ふぅ~ごちそう様」
美香「なんとか間に合ったわね」
優也「だな」
優也「ハンバーグどうだった?」
美香「美味しかったよ」
優也「そうか、またこうして食べような」
美香「うん!」
経験値が16ポイント上がった

10 ここあ★こん♪ “メタキサ再開!” 2014年06月20日(金) 21時53分
そして二人は教室へ戻った
未来「あっ美香!」
花美「あっホントだ!」
拓人「美香さんと優也!?」
誠一「(まさか・・・二人でご飯を・・・?)」
未来「どこにいたのよもうー」
美香「音楽室だけど?」
花美「え!?なんで音楽室なの!?」
美香「え?だっていつもの所っていったら音楽室でしょ?」
未来「ったくなんで間違えちゃうかな?」
美香「え?なんで?」
花美「いつもの場所って音楽室じゃないわよ?」
拓人「俺たちがいったの教室です」
優也「きょ、教室!?」
未来「はぁ~だから1人で行かせなくなかったのよ」
花美「美香いつも方向音痴だし」
誠一「さっき未来さんがすぐ忘れちゃうって言ってました」
優也「・・・マジかよ美香」
美香「あ、あはは・・・よ、よく言われるんだよね・・・」
拓人「ちょっと優也借りていいですか?」
美香「え?あぁいいけど」
拓人「誠一も!」
誠一「はいはい」
優也「で?何」
拓人「お前、美香様と音楽室で二人きりで弁当食べたのか?」
優也「そだけど」
誠一「ずりぃ!」
優也「はぁ!?何がだよ」
拓人「美香様と二人で弁当食べるなんて!」
誠一「そうだそうだ!」
優也「いいじゃねぇか!」
誠一「まぁ今回は許す!」
優也「なんだよその上から目線」
拓人「まぁまぁ聞きなさいな」
優也「・・・」
経験値が17ポイント上がった

- ゲストさん

現在、ログインしていないので全ての画面を表示することが出来ません。
すでにキャラクターを持っている人は、メタコロニーに
ログイン してください。


このカードはメタコロ日記つぶやき日記 デッキにあります